近年オーダーカーペットを発注する人々の傾向

床の遮音や安全性の確保、保温、インテリアなど、さまざまな面からカーペットはわたしたちの生活に欠かせません。しかしいざ部屋に敷くカーペットを探してみると、サイズの関係でなかなか良いものが見付からないことも多いものです。そんな時、オーダーカーペットなら1cm単位でサイズを指定することが出来ます。一般的な角形以外にも、丸型や楕円型、その他変形カーペットなどを作ってもらうことも可能です。中には複数のカーペットをカットして繋げ、オリジナルのカーペットを仕立ててもらったというケースもあります。既製品にはない、自分のイメージにぴったりと合致するカーペットを買うことが出来るのです。価格も近年はかなり手頃になり、1平米あたり1000円前後からラインナップされています。オーダーカーペットについて知り、是非とも暮らしの中に取り入れてみましょう。

オーダーカーペットを発注するのはこんな人

一昔前はオーダーカーペットと言えば「高価」、「一部のお金持ちが買うもの」というイメージでしたが、現在ではさまざまなシーンで活用されています。カーペットの価格や加工費が安くなり、一般家庭でも普通に購入されるようになったからです。一般家庭では、部屋や廊下などにぴったりとカーペットを敷き詰めたいという場合や、逆に特定の一部分にだけ敷きたいという場合によく利用されています。オーダーカーペットは決して珍しいものではなく、誰でも発注出来るものなのです。現代ではライフスタイルの多様化から、さまざまな条件の家に住んでいる方がいます。集合住宅に居を構える方は騒音問題、賃貸物件に住まう方は床の傷の心配など、何かと気を遣うことも多くなっています。そんな悩みを解消してくれるオーダーカーペットは、現代人にぴったりの賢い買い物と言ってもいいかもしれません。

オーダーカーペットは量販店やネットでも発注可能

最近では家具の大手量販店などでもオーダーカーペットを扱うところが増えています。希望のサイズを伝えると、その通りにカッティングし、端をカットロック加工して渡してくれます。店舗に生地の在庫があれば即日受け取ることも出来るので、急ぎの際にも便利です。店舗まで足を運べないという方は、インターネットでオーダーをするのもおすすめです。カーペットの切れ端などをサンプルとして送付してくれるネットショップも多いので、そういったサービスを上手く活用しながら注文してみましょう。注意しなければならないのは、思い通りの加工が出来ないこともあるということです。カーペットの材質によっては加工方法に制限があることもあります。また、激安を謳うショップに発注したところ、直線でしかカット出来なかった、端の処理が適当だった、ということも有り得ます。残念な思いをしないためにも、不明な点があれば注文前に確認しておきましょう。